忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

尾道には美味しいイタリアンのお店が何件かあるという話は、ことあるたびにこのブログでも話題にしていますが、
実はタイ料理も良かったりするんですね。
そんな中の一つが、タンタワン
私もここのタイ料理は好きなので、行きたい行きたいと思ってはいるものの、なかなか行けずにいるんです。
この前行ったのは、もう3年以上前でした。
P1060360.jpg
と、言うことで久しぶりにタイ料理です。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[4回]

このお店、何処にあるかといいますと、尾道駅の方からも見えている尾道城のすぐ横にあるんです。
P1060356.jpg
つまり、千光寺山の上の方。
でも、展望台や美術館の方じゃなくて、それよりずっと西に寄ったところです。
土堂小学校から登ったところと言った方がいいのでしょうか。
ビューホテルセイザンの中にあります。

しかし車で行くのは難しいです。

で、ここでランチを頂くのは今回が初めてです。
と言うのも、ここのランチは土日しかやっていません。
ですので、ちょっと食べに行きたいなと思っても、それを週末に思いつかないと行くタイミングにはならないわけですね。
それで今回は、Facebook仲間たちと食べに行こうという計画で行ったのでした。

ランチメニューは基本的に全てセットメニューで、単品のものはほぼありません。
でもセットの種類も豊富なので、色々選べて楽しいです。

どんなメニューがあるのかはよく覚えていませんが、カレーのセットには、トムヤムクンがついています。

で、うちの子は辛いの大丈夫とか豪語して、トムヤムラーメン?みたいな感じのを頼んでいました。
P1060358.jpg

が、それについていたご飯に、辛子の調味料を山ほど掛けて、
P1060357.jpg
その時点でノックアウトです。
食べるラー油ぐらいに思っていっぱいかけたみたいですね。

すでに口の中は何が入っても辛い状態で、トムヤムラーメンが出てきても食べれないと言って水ばっかり飲んでますね。

で、私が食べたのは、最初の写真のやつ。
野菜と、鶏肉かな?
よくわかりませんけど美味しいですね。

私もその前にトムヤムクンをちょっと頂いておりましたので、うちの子と同じく、何を食べても辛く感じる状態に軽くなっておりました。

P1060359.jpg
一緒に行ったみなさんも、カレーやら何やら頼んでいましたが、基本的にメニューを見ても料理の想像がつかないので、それぞれ違ったものを注文して食べ比べといった状態ですね。
しかしどの料理が何なのか把握できてないので、口にあった料理が、どのメニューなのか特定することはほぼ不可能のようでした。

P1060362.jpg
しかしどれも基本的に辛いです。
辛さを抑えたものを注文することもできるようですので、そこはお店の人と相談というのがいいと思います。

辛いながらも結構美味しいし、食べ終わってみるとまた食べたい気持ちになってきます。

P1060364.jpg
そして食後にはデザートも。
カエルの卵のようなのはバジルの種なんだそうです。
これは甘くて、辛さでしびれた口には心地いいですね。

食後に飲み物を頂いたのですが、これもタイ風のものが色々有り、私にはどうも微妙に感じましたので、
P1060363.jpg
ジャスミンティーにしておきました。

でも美味しかったし、また行きたい。
ランチは初めてでしたけど、リーズナブルに楽しめて良かったですね。

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 辛いものには・・・・・

数年前、3年半のバンコク駐在から帰ってきました。タイ料理は日本人観光客向けは美味しい。しかし、オリジナルはシャレにならないほど辛かった。辛さを瞬間的に克服するには、甘くて刺激の少ない物(卵焼き、アイスクリーム)を口にいれて一時的にしのげます。が、効果は一瞬。一年間、タイ料理を食べ続けると慣れます。

ブロニカRF645 2012/10/27(Saturday)12:51:37 Edit
◎ Re:辛いものには・・・・・

ブロニカRF645さん、コメント有難うございます。
ここの料理は、日本人向けのアレンジもしてくれますが、基本的に本国風らしいです。
辛いものは平気な私でも非常に辛かったです。
まぁ、私もタイで本物を食べたわけではありませんので予想の域を超えてはいませんが…
ただここのマスターは年に何回かタイに行って買い出ししたりとかしてるみたいですよ。
奥さんもタイ人だったような…?
ぜひ一度ご賞味下さい。

【2012/10/2715:39】
◎ 無題

本格派ですね。タイに行かれる機会がありましたら、緑色の小さい唐辛子(タイ人はネズミのフンと呼びます)は即死できます。ハバネロを水のように飲めるまでタイ料理に鍛えられた私も悶絶しました。でも、イサーン(タイの東北地方)出身者はビールのつまみにポリポリ齧っています。
タイ人も子供の頃は辛いものはダメだそうです。鍛えられた味覚というのでしょうか?

ブロニカRF645 2012/10/27(Saturday)17:25:40 Edit
◎ Re:無題

ブロニカRF645さん、コメントありがとうございます。
タイ人の辛いもの耐性は、獲得形質だったんですね。
しかも遺伝しないと。
じゃぁ日本人もやれば出きるということか。
ねずみのふん、心の準備ができたら探してみます。

【2012/10/2822:59】
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[03/29 しゃどう]
[03/21 しゃどう]
[03/01 マッツン]
[02/12 勢理客館長]
[02/05 勢理客館長]
◎ 最新記事
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]