忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



私の友人の奥さんが料理教室をしてるんですね。
それで作った料理をきれいに写したいと言う話で相談されてたんです。

ですがそこはコマーシャルフォトと言うわけではありませんから手軽にきれいにと言うことです。
一番効果が上がる撮り方としては、背景をぼかすって感じですよね。
IMG_0731.jpg
この写真はCanon IXY DIGITAL 90での撮影です。

マクロモードにすると、コンパクト機でも被写界深度が浅くなって、背景がぼけてくれます。

でもここで、私は勘違いしていました。
一般的に望遠で撮影した方が被写界深度は浅くなり、背景がぼけやすくなりますので、コンパクト機でもズームを望遠側にした方が背景がよくぼけると思っていたんです。

しかし、マクロ撮影ではこれは当てはまらないようです。
コンパクト機でマクロ撮影をする場合は、広角側の方がよりマクロ効果が高いようです。
中にはマクロモードにすると、勝手に広角いっぱいにズームが設定されてしまう機種もあります。

実際に撮影してみるとこんな感じです。
IMG_0738.jpg
こちらが望遠いっぱいでの撮影。

IMG_0742.jpg
こちらが広角いっぱいでの撮影です。

やっぱり広角の方がマクロ効果が高くなるのか、望遠側に比べると明らかに背景がぼけてます。

これはF値の変化による被写界深度の違いも影響してるのかも。
最近のズームレンズではコンパクト機でも一眼レフでもズーム全域でF値が変わらないレンズってのはほとんどありませんよね。
というよりも、望遠にした時のF値の落ち方がすさまじいものもありますね。

例えば今回撮影に使ったIXY DIGITAL 90では、広角側F2.8に対して望遠側F4.9になってしまいます。
それだけ絞られれれば、いくらマクロにしたところで被写界深度は深くなってしまうのは当然と言えば当然。

では、最短撮影距離あたりでの比較をして見ます。
IMG_0744.jpg
こちらが広角いっぱいでの撮影です。
被写界深度は浅く、キーボードの2列目は既にぼけてますね。

IMG_0747.jpg
そしてこちらが望遠いっぱいでの撮影です。
望遠側では、最短撮影距離が30cmになりますので、3cmまで寄れる広角側に対して、小さく写ってしまいます。
被写界深度はやはりこちらの方が深く、3列目ぐらいまでピントが合ってる感じです。

以上のことから、コンパクト機で背景をぼかしたいなら、マクロモードにして広角いっぱいで撮影するのがいいようですね。
しかもなるべく近付いて。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[0回]

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[03/29 しゃどう]
[03/21 しゃどう]
[03/01 マッツン]
[02/12 勢理客館長]
[02/05 勢理客館長]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]