忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

オリンパスPEN EE-2のレストア解説の5回目。
前回は絞りとシャッターのレストア方法をお伝えしました。
今回は露出計について書きましょう。
ではまずは動いているかどうかの確認です。
第2回の一番最後の写真を転用します。
DSCF7385.jpg
軍艦部カバーを開けて、緑矢印の部分に光を当てたり、手で覆ったりして、赤矢印の針が動いていればほとんど正常です。
ここでは動いていなかった時のことを書きます。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[8回]

でも厄介なのはごくわずかだけ動いている時です。
この場合は受光素子であるセレンが劣化していることが考えられます。
劣化したセレンはほぼ復活できない可能性が高いです。
そうなると部品を交換するしかありませんが、新品のセレンはありません。
なので、他から取って来るか、代替品として太陽電池を使うかと言うことになります。
しかしこのカメラのセレンは円形ですし、感度設定はセレンに当たる光を遮ることで調整しています。
そうなると形が同じでないといけませんので、そこに付けられる太陽電池は存在しないと思います。
ですので直すとなると、他から取って来るという道しかないでしょう。
ということで、それについてはここでは割愛いたします。
でも実際には劣化していない場合が多いですのでそれについては機会を見てお伝えしましょう。

では話しは戻って、もし光を当てても針が動いていなかったら、
DSCF7536.jpg
矢印の針を細いドライバーとかで軽く動かしてみましょう。
もし軽く動かないようでしたら、メーターの物理的な故障です。
しかし動くようなら、電気的な不具合の可能性が高いです。

ではまずは針が動いていた場合、つまり電気的な不具合の場合の解説をします。
DSCF7538.jpg
メーターの上に貼ってあるテープをはがして、穴の中の赤矢印の部分と、緑矢印の部分(アース)にテスターをあてて、電気が来ているかどうか確認して下さい。

セレンに光を当てて電圧が変わるようならセレンは生きています。
その場合はメーター内のどこかに電気的な不具合が有ると考えられます。

しかし全く電圧が上がらないようならセレンの不具合です。
セレンの修理かを交換しましょう。

では電圧がいくらかあって、光で変化している場合は、まずこの赤と黒の線を外します。
メーター部分の半田をとるのは難しいですので、途中の適当なところで切ってしまいましょう。
元に戻す時はそこを半田付けしてビニールテープで絶縁すればいいです。

線を外したら、先程と同じくテスターをあてますが、今度は導通を調べて下さい。
この時、導通があるようならOKですし、テスターの電気で、メーターの針が振れると思います。
針が動くようならメーターは正常ですので、セレンの発電が弱すぎると言うことになります。
その場合もセレンの交換です。

導通もなく、電池をつないでも針が全く動かない時。
その場合はメーターの内部がどこかで断線しています。
この場合は断線箇所を特定することはまず無理です。
ですのでメーターをどこかから取って来て交換するか。
代替品で修理します。
でも代替品がうまくフィットする確率は低いですので、ほとんどの場合交換ということになるでしょう。

では前に戻りまして、メータの針を軽く動かしても動かない時。
その場合はメーター内のどこかにゴミが入っていたり、スプリングが引っ掛かっていたり、軸受けが外れていたりと言うことが考えられます。

ではメーターとファインダーのユニットを外してひっくり返します。
外し方は第3回の最後を参考にして下さい。
DSCF7540.jpg
ひっくり返した状態がこちら。
そしたら赤矢印のフタを外しますが、緑矢印部分に接着剤が付いていますので、これをはがしてフタを取りましょう。

DSCF7543.jpg
赤矢印の指針がどこかに干渉していないか、黄矢印のような隙間にゴミなどが入っていないかをよく確認しましょう。
メーターの中心部は磁石になっていますので、そこに小さい鉄片が着いていることもよくあります。
この状態でよく確認できないようであれば、
DSCF7539.jpg
メーター上側の矢印の2本のマイナスネジを外して、メーターユニットを引っ張り出して確認して下さい。
ゴミなどが取れて、針が軽く動くようになればOKです。

他には針にテンションをかけている細いスプリングがうまく機能していない場合もあります。
DSCF7544.jpg
軸に巻き付くようにないっているのがスプリングです。
これがどこかに当たってしまっている場合や、曲がっている場合は針がうまく動きません。
横から見てこの渦巻きが同一平面になるように微妙に調整します。
これは非常に繊細ですので気合を入れてやってください。

そのほかにも、軸受けがずれている事もあります。
3個前の写真では正常ですが、メーター内部を見て、コイルが中心からズレているようなら軸受けが外れています。
その場合は、中心の赤くペイントされている部分のマイナスネジを緩めて、軸をはめなおします。
この作業も繊細です。
そしてもう一度中心のマイナスネジを締めます。
この時締め過ぎないように、針が軽く動くようにして下さい。

これで大体メーターは動くようになったはずです。
動くようになったら組み直してください。
はがしたビニールテープなどは、新しく貼りなおした方がいいでしょう。

そして組み終わったら、メーターを調整します。
DSCF7546.jpg
赤矢印の2本のプラスネジを少し緩めます。
そして緑矢印の真鍮の円盤を回転させて調整します。

20110420001.jpg
ASAを400にして、比較的明るめの室内に置いた時、赤矢印あたりに針が来るように調整します。
又は、部屋の照明の方を向くように机の上などに置き、黄矢印あたりに針が来るように、もしくは、晴天の直射日光に向けて、緑矢印あたりに針が来るように、などを目安に調整してみて下さい。
もし実際に撮影してみて、写真が暗くなるようなら、針をもう少し向かって右に寄せます。
逆に写真が明るくなり過ぎるようなら、向かって左に少し寄せましょう。

以上がメーターの大体の修理方法です。

おまけとして、
DSCF7542.jpg
メーターを外した時の軍艦部はこうなっていますが、巻き上げてシャッターチャージをしたあと、赤矢印のようにシャッターボタンを押した時、緑矢印のようにスムーズに赤ベロが出てくるようなら問題ないですが、出てこないようであればどこかが引っ掛かっているかもしれません。
とりあえずバラして、洗ってみて下さい。
洗浄には呉工業の「エレクトロニッククリーナー」がお勧めです。
これは樹脂パーツがあっても大丈夫です。

今回の内容はちょっと難しいと思いますが、チャレンジしてみて下さい。

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ 見てくれを良く

オリンパスPEN EE-2のレストア解説の6回目。 やっぱり外観はきれいなことに越した事はありません。 今回題材にしたEE-2も、錆びたところなどありますので、見てくれが良くなるようにちょっとやってみましょう。 まずは錆びていた吊金具をきれいにします。...

URL 2011/05/28(Saturday) 10:42:23
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[03/29 しゃどう]
[03/21 しゃどう]
[03/01 マッツン]
[02/12 勢理客館長]
[02/05 勢理客館長]
◎ 最新記事
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]