忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

うちの車のトランクには、手前から奥に照らすようにランプが両サイドに付いているんです。
DSCF0225.jpg
この矢印の指す位置に。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[1回]

ちょっと分かりにくいですね。
トランクの中から見ると、
DSCF0226.jpg
こういう位置に付いているんです。

これって手前から奥を照らしているので一見使いやすいように感じるかもしれませんが実は違います。
なぜなら、トランクに物を置く場合、ほとんどの場合、トランク内の端っこに置きますよね。
しかも手前に置く傾向が強いと思うんです。

そうなるとどうなるかというと、荷物で灯りが隠されて、トランク内がほとんど見えない状態になるわけです。
あ、もちろん夜の話です。

それでたまに、必要な物がなかなか見つからなかったり、カバンの肩紐とかがトランクから出ているのに気付かずにトランクリッドを閉めてしまったりということが起こるわけです。

これは面白く無いので、トランク内のランプを増設することにしました。

用意したのはこちら。
DSCF0220.jpg
3連のLEDランプと、ハウジング。
3連じゃなくても1個でいいのではと思ったのですが、うちの子と協議の上、3連にすることにしました。
おかげで値段は3倍になりますが…

このLEDランプの線だけでは、トランク内の配線には短すぎますので、まずは線をつないで伸ばします。

そしたら大体の取り付け位置を決めて、配線しましょう。
DSCF0227.jpg
増設ランプはトランク内の天井の真ん中辺りにつけるとして、できるだけ配線を隠すようにはわせます。

そしたら現行のランプから電源を分離してつなげます。
あんまり好きじゃないのですが、今回はエレクトロタップでつなぎました。

LEDですのでプラスマイナスを間違えなように接続して、点灯を確認したらランプを固定します。
DSCF0232.jpg
ハウジングに両面テープが付属していましたので、それを使えばいいでしょう。
ちなみに、トランクを開けるとランプが点きますので、消えている状態を見るのは困難です。

トランクスルーから見てみるとこんな感じ。
DSCF0231.jpg
あ、トランクスルーから見れば消えた状態も見れますね。
両サイドの電球色の灯りが元々のもの、真ん中上方の青白い灯りが今回増設したLEDランプです。
上から照らせば、荷物があっても影になりにくいはずです。

日が暮れてから確認してみるとこんな感じ。
DSCF0250.jpg
おお、いいですね。
これでトランクリッドで鞄の紐を挟むことも少なくなるでしょう。

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 拍手コメントより

当方も、同じようにやってみました。非常に明るく使いやすくなりました。いつも参考にさせてもらています。有難う御座います。

マエダ 2012/03/03(Saturday)18:59:34 Edit
◎ Re:拍手コメントより

マエダさん、拍手コメントありがとうございます。
S60のトランクの照明って、暗くて位置も悪いですよね。
でもこの増設でかなり便利になります。
面白いモディファイを思いついたらまたやってみますね。

【2012/03/0319:11】
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
◎ Facebook
◎ せいのカメラ店HP
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[05/29 ストウ]
[05/09 alubauten]
[05/07 alubauten]
[05/06 alubauten]
[03/23 ha-hi]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]