忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

先月24日の記事でもお伝えしましたが、今夜は月食があります。
部分食ではあるんですが、せっかくなので見たいところ。
で、せっかくなので撮影もしたいところ。
こないだの日食ではα900にミノルタの200mm + X2テレコンで撮影しましたが、もっと大きく写す方法はないかと思って考えてみました。
DSCF1104.jpg
その答えがこちら。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[1回]

これは何かと言いますと、言わなくても分かるかとも思いますが、
マウントアダプタです。
またですか。

今度は何のマウントかと言いなすと、ミノルタαマウントのレンズをマイクロフォーサーズのカメラに取り付けるためのアダプタです。

つまり、ミノルタ200mm + X2テレコンをLUMIX GF3につけようというわけです。
そうなるとどうなるかといいますと、テレコンで400mmになってますので、それをマイクロフォーサーズにつけて更にX2で800mmになるわけです。

では早速つけてみましょう。
DSCF1106.jpg
うーん、ほとんどレンズ。

αのレンズを含め、今頃のAFレンズというのは絞りリングがありません。
でもね、このマウントアダプタは絞りが動かせるんですよ。
DSCF1109.jpg
ここのリングが回せるようになっていて、

5e9a9d0a.jpeg
こんな感じで絞りを動かせます。
絞り値までは指定できませんが、絞りを動かせるというのは大変よい機能ですね。

では試写してみましょうか。

P1020428.jpg
はい、こちら、800mmと同じ画角での撮影です。
ここまで望遠になると、被写界深度は浅くなりますね。
面白い。
しかしピントが合わせにくい。

これと同じ所をいつも使っている20mmで撮りますとこんな感じです。
P1020441.jpg
マイクロフォーサーズなので40mmの画角です。
矢印のところが撮影した部分。
この画像では確認しにくいですね。

ピクセル等倍まで拡大すると、
P1020441-2.jpg
はい、やっと分かって来ました。

ではさらにデジタルズームを使って1600mmの画角にしてみましょうか。
P1020458.jpg
更にピントが合わせにくい。
と言いますか、手持ちで撮ったんですけど、1/1000秒以上の高速シャッターじゃないとブレてしまうでしょうね。

月の撮影となると、三脚に据えてないといけませんね。
でもカメラの三脚ネジに三脚付けたら、レンズが長いのでマウントが折れそうな雰囲気です。
かと言ってこのレンズには三脚座がありません。
仕方がないのでこうしましょう。
DSCF1112.jpg
三脚にカメラを2台載せるための台を使って、カメラとレンズを固定しましょう。
これなら三脚に載せても大丈夫ですね。

あ、ちなみにこのレンズの最短撮影距離は1.5m。
その状態で1600mmの画角で撮影してみますと。
P1020434.jpg
これ、何か分かりますでしょうか。

これ、うちの車のナンバーの「福山」の「福」の字の一部です。
マクロと言っても差し支えないと思います。

さてさて、では今晩の撮影に挑みますか。

曇ってます?

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ せいのカメラ店HP
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[05/29 ストウ]
[05/09 alubauten]
[05/07 alubauten]
[05/06 alubauten]
[03/23 ha-hi]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]