忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 

デジカメを使っていて一番困る事と言いますか、面倒な事と言いますか、どうしても避けれないのがデーターの保存ですね。
私の場合は日常的にハードディスクとDVDに必ず二元管理していますので、面倒と言う感覚は無いものの、たまにちゃんと保存できていなくて、どちらかからコピーしなおすと言う事もあります。
もし、撮影時リアルタイムでPCなどに保存できるのなら、三元管理でも楽にできますし、一般的にも保存のし忘れと言うことも減ってくるはずです。
DSCF7563.JPG
それを実現するのがこちら。
Eye-Fiというものです。

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[1回]

このEye-Fiですが、どういう仕組みかと言いますと、無線LANのクライアントになるSDカードなのです。
つまり、無線LANの環境があれば、このEye-Fiをカメラに入れて撮影するだけで、特定のフォルダーに自動的にほとんどリアルタイムに保存してくれるんです。

パッケージを開けてみるとこんな感じです。
DSCF7555.JPG
左下のSDカードはただの絵です。
左上のが本体。
USBのカードリーダーと、それに差し込んであるSDカードがEye-Fiです。
右のパンフレットが取説ですが、これはなぜかこのパッケージに貼り付けてあります。

DSCF7556.JPG
まずはこんな感じでパソコンに接続します。
SDカードの中に設定ファイルがありますので、それを使ってセットアップします。
セットアップの仕方は取説を参考に。

DSCF7557.JPG
設定が終わったら、カードリーダーからSDカードを抜いてカメラに差し込みます。
そしたら普通に撮影です。

撮影して少し待つと、
DSCF7561.JPG
パソコンに自動的に転送され、その様子はこのように、パソコンのディスプレーの右下にポップアップで表示されます。

DSCF7565.JPG
そして専用ソフトでも画像の管理が出来るようになっています。

で、もし転送にミスがあったらどうなるかと言いますと、このカードはそれ自体にもSDカードとしての容量がありますので、画像は保存されていますし、その後無線LANに再接続されれば、未転送のファイルが全て転送されますので安心です。

それから、このEye-Fiですが、何種類かあって、今回使ったものはクライアント間の通信にも対応しています。
つまり、無線LANの環境が無かったとしても、無線LANに対応したノートパソコンなどと、直接通信できるのです。
この機能は外出先などで便利ですね。

でもこのカードでどのくらいの距離で有効なんでしょうね。
それにこの機能、バックアップが便利と言う意外にいい使い道は無いでしょうか。
そのあたりを今後検証がてら使ってみようと思います。
気が向いたらレポートもおおくりするかもしれません。

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[03/29 しゃどう]
[03/21 しゃどう]
[03/01 マッツン]
[02/12 勢理客館長]
[02/05 勢理客館長]
◎ 最新記事
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]