忍者ブログ

尾道発 - カメラ屋の独り言 -  Presented by せいのカメラ店



オリンパスから面白いものが出たという話は、9月19日の記事で書いていますが、私自身は、どうも買っても使わないような気がして、今まで買わずいにいたんです。
それは何かと言いますと、ボディーキャップレンズと言われるもの。
DSCF1451.jpg
これは何かと言いますと、その名の通り、ボディーキャップにレンズが付いたものです。

オリンパスは、ボディーキャップレンズと言っていますが、写ルンですがレンズつきフィルムですので、それをパロって、レンズ付きボディーキャップと言った方がなんか楽しいと思うのは私だけでしょうか。
しかも型番が、BCL-1580
Body Cap Lens 15mm F8。
そのまんまか。

しかし果たしてこれを使うシチュエーションというのが存在するのかというのが、なかなか買う気にさせない理由なんですよね。

確かにこれをつければコンパクトになりますが、コンパクトがいいのならコンデジでいいと思うんですよね。
このレンズより明らかによく写るはずですから。
ではコンパクトということ以外にこれを持つ理由があるのかと考えますと、
もしかすると写りが楽しい?
トイカメラのような独特の面白い絵が撮れるとか?

しかしですね、今までこれを買った人のレビューなどを見てみますと、意外とちゃんと写ってるみたいなんですよね。
独特の味といえるようなものは無さそう。
じゃぁやっぱり買う意味が無さそうじゃないですか。

とか言いながら、最初の写真は私の作業机ですね。
はい、買いました。

では、裏返して見てみましょう。
DSCF1453.jpg
割とまともなレンズが付いてるみたいですね。
しかし、レンズキャップというだけあって、レンズ制御用の接点はありません。
と言うことは、レンズの情報もカメラには送られないということですね。
このレンズはF8なんですが、その情報はカメラには知らされないということですね。

ではカメラに取り付けてみましょうか。
DSCF1455.jpg
うん、割とカッコいいかも。
出っ張りが少なくて邪魔にならなさそうですね。

で、問題は写りですが、
P1060937.jpg
そのまま撮るとアンダーですね。
やっぱりレンズのF値が伝わってない影響でしょうね。
プラス2補正したぐらいがいいのかも。

焦点距離は15mmなので、35mm換算で30mm。
まぁまぁ広角です。
でも湾曲は少ないですね。
とは言え周辺の像の流れはあるようです。
まぁ、でも、使って使えないようなものではないか。
しかし面白いと思えるものでもないか。

ただ、このレンズ、マニュアルフォーカスで、最短撮影距離が30cm。
これは面白いかも。
P1060939.jpg
この写真は、最短撮影距離にして撮影したものです。
うん、結構寄れますね。
30cmと言ってもレンズ先端からではなく、撮像面からの距離ということになりますから、その分寄れる気がします。

さて、このレンズ、今後使うシチュエーションを発見できるのか。
今使っている20mmの方が、よっぽどキレイに写るし、F値も明るいし、最短撮影距離も20cmだし。

ちょっと無理して使っていたら、もしかして生きる道が見つかるのか?

==========================
このブログもVer.2へ
新記事チェックは下記へ
明日は明日の風が吹く Ver.2

※Ver.1では今後更新されません。
==========================

拍手[1回]

PR

 
◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail  ※アドレスは公開されません
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ Facebook
◎ SEINOセレクトショップ
このブログやInstagramに
掲載した写真の
購入ができます
◎ ブログ内検索
◎ 最新CM
[03/29 しゃどう]
[03/21 しゃどう]
[03/01 マッツン]
[02/12 勢理客館長]
[02/05 勢理客館長]
◎ お問い合わせ
 せいのカメラ店へのご連絡等にご利用下さい。
◎ プロフィール
HN:
清野浩也
性別:
男性
自己紹介:
せいのカメラ店
seino@bbbn.jp
◎ ハルサーエイカー
ハルサーエイカー
◎ 琉神マブヤー

Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]